1週間無料!月額980円(税込)!無料体験はこちら

【2019/05更新】海外でもVPNでTVer(ティーバー)を見ることができる!

海外で確実にTVer(ティーバー)を見る2つの方法

※2019年05月現在、この方法で海外からTVer(ティーバー)を見ることができています。

TVer(ティーバー)とは

TVer(ティーバー)とは民放テレビ局が連携した無料の公式テレビポータルサイトです。民放のTV局である日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ(FOD)、毎日放送(MBS)、朝日放送(ABC)、関西テレビ(カンテレ)、読売テレビ(ytv)の約200番組を広告付きで見逃し配信を行っています。TVer(ティーバー)はストリーミング配信のため(ダウンロードで動画の保存はできない)インターネットに接続できれば、好きな時に、好きな場所で、好きなデバイス(Android、iOS、PCなど)で自由に視聴できます。

TVer(ティーバー)は海外からの視聴を制限している

TVer(ティーバー)は海外からの視聴を制限している

どうやって規制を行っているのか

日本国外からの視聴を規制

具体的な規制の方法は、ブラウザやアプリでWEBサイトへアクセスしてきた端末(PCやスマートフォンやタブレットなど)のIPアドレス(183.79.250.126などの数字)で判別します。IPアドレスとは端末の固有の情報であり、インターネットに接続するときは全ての機器に必ずIPアドレスが自動で設定されます。

IPアドレスは国ごとに使用できる数字の範囲が決まっているためにIPアドレスから国の判別が可能になります。

ブラウザやアプリで視聴しようとしたときにこのIPアドレスのチェックを行い、IPアドレスが日本以外の国であればその端末のアクセスを禁止する、という規制を行っています。

どうすれば見ることができるのか

日本のVPNサーバーを経由した視聴

VPN接続(プロキシ接続)というネットワーク通信テクノロジーを利用すると視聴可能になります。具体的には、PCやスマートフォンなどの機器を日本にあるVPNサーバー(プロキシサーバー)へ接続を行うと、それらの機器には日本のIPアドレスが設定されます。これにより、日本国内からアクセスすることと同じになるため、海外にいても国内にいるかのようにアクセスが可能になります。

VPNとは?公共のWIFIでも安全に通信

暗号化技術で公共WIFIでも安全

VPNとは「Virtual Private Network」の頭文字を取った略語です。離れた場所にあるネットワークを安全に接続するネットワーク接続技術で「仮想プライベート・ネットワーク」とも言います。

インターネット上には盗聴、改ざん、なりすまし等様々な脅威があるため、情報のやり取りにおいてセキュリティ性が重視されます。 VPNでは暗号化を行った通信を行うことも特徴で、この暗号化技術によりインターネットをより安全に使用することが可能になります。

VPNを使用することにより、日本国外から利用することができないサイトなどを視聴できるようになるだけではなく、ホテルや空港などの公共のWIFIでも安全にインターネットを行うことができます。

無料VPNと有料VPNの違い

無料VPNは非常に危険!

ある国の政府研究機関の調査によると「無料のVPNサービス(アプリなども含む)の89%で情報漏えいが確認された」という報告があります。無料のVPNサービスは基本的にセキュリティー対策において脆弱であることに加え、そもそもクレジットカード情報やログインアカウントなどの個人情報を収集するために運営されているものも多くあります。

また、マルウェアなどのウィルスに感染させられ、結果的に自分がウィルス拡散の手助けを行ってしまう、というケースも発生しています。

このように、無料のVPNは危険であり、思わぬところで犯罪に巻き込まれることがあるので「無料」に惑わされないようにご注意ください。

海外で確実にTVer(ティーバー)を見る2つの方法

VPN接続とプロキシ接続
海外で確実に見る方法

VPN接続で視聴

PCやスマートフォンなどのVPN接続機能(PPTP接続やL2TP接続)を使用してVPNサーバーに接続します。かんたんアプリではクリックのみで簡単にVPN接続を行うことができます。

プロキシ接続で視聴

プロキシ接続は専用のアプリで接続を行います。プロキシ接続は強力な暗号化で通信を行うことができます。VPN接続とプロキシ接続はサーバーを経由する通信、という意味では同じことができますが、通信方式は異なります。プロキシ接続はサーバーに常時接続を行わないためVPN接続よりも通信の負荷が軽い、という特徴があります。

サーバーは24時間365日自動監視

VPN(プロキシ)サーバーは常時50台以上を稼働させています。バックボーンはNTTコミュニケーションズのクラウド環境を利用し24時間365日自動監視を行っております。これによりサーバーは99%以上の稼働率で動いています。通信速度については、ロードバランサを使用することによりサーバーにかかる負荷を複数のサーバーに振り分ける処理を行っております。

VPN接続でも見られない場合

現在一部のサイトではVPN接続後の視聴の規制を行っております(今後はこのようなサイトが増える可能性があります)。しかし、サーバーのIPアドレスを日常的に新しいIPアドレスに更新を行っているため、単なるIPアドレスによる規制であればこの方法で簡単に規制をクリアできています。将来において規制の強化を行った場合でも、サーバーの分散化やプロキシ接続などのセキュリティレベルの高い通信プロトコル(接続方式)を使用することで視聴することができますので安心してご利用ください。

海外でTVer(ティーバー)を見る手順

動画を見る手順
手順
  1. VPN(プロキシ)サーバーに接続する
  2. ブラウザ(Chrome、Edgeなど)や専用アプリを起動する
  3. 動画を再生する
どの接続方式でも手順は同じです。海外でもパソコン、スマートフォン(アンドロイド、iOS)、タブレットなどで見ることができます。

簡単!速い!動画再生を高速化する方法

簡単!速い!動画再生を高速化する方法
動画再生を高速化する手順

VPN(プロキシ)の通信はサーバーを経由した通信になるために通信に負荷がかかりやすく、通信速度が通常に比べて下がることが多いです。そこで、VPN(プロキシ)で常時接続しない状態で動画を再生する方法をご案内します。具体的には、VPN(プロキシ)の接続→切断を行い再生速度を上げます。 手順は下記です。

  1. VPN(プロキシ)サーバーに接続
  2. 動画を再生(Play)
  3. 動画の再生を確認後に停止(Stop)
  4. VPN(プロキシ)サーバーから切断
  5. 再び動画を再生

これは、同一の動画の2回目以降の再生後には国の判定が行われないことを利用した速度アップの方法です。動画の再生時には通信先の国の判定が行われるためVPN(プロキシ)接続が必要ですが、判定後にはVPN接続は必要なくなる、というわけです。

動画配信サイト(VOD)によってはできない場合があります

1週間の無料体験をご利用ください

アジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界中のお客様にご利用いただいております。国や通信環境によっては日本までの通信速度が遅い場合があります。まずはご滞在場所(ご自宅や職場など)で無料体験でお試しをいただくことをお勧めいたします。